特定整備制度について

岡山トヨタ車体では、令和2年4月1日に施行された「特定整備制度」にも対応しております。

特定整備制度とは

緊急自動ブレーキやレーンキーピングアシストなどの高難度の「電子制御装置」は国の認証がなければ、それに係る整備作業ができなくなります。

代表的な整備作業例としましては

  • カメラ付きフロントガラスを交換
  • バンパーやミリ波センサーを交換

などがあります。これらの修理は、エーミング(調整作業)が必要です。

令和2年4月1日以降は「エーミング技術」や「エーミング設備」、「エーミング可能な作業スペース」。これらをクリアした特定整備工場のみ対象車両の作業を許可されております。

エーミング作業が可能な広いスペース